シムラ病院は 外科、整形外科分野で広島の救急医療を支えます

 

 

 

 

 


 

 

〒730-0841
広島市中区舟入町3番13号
info@shimura.or.jp

 

 

 

>
内視鏡検査のすすめ

 

内視鏡検査のすすめ

●2014年 がん死亡数が多い部位

  1位 2位 3位 4位 5位
男 性 大  腸 肝  臓 膵  臓
女 性 大  腸 膵  臓 乳  房
男女計 大  腸 膵  臓 肝  臓

(2014年がん統計より(H29.1.24時点の最新))  

 

●ピロリ菌について

 ヘリコバクター・ピロリ菌は、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、さらには胃がんにも関与しています。

 鎮痛薬などのNSAIDsを内服している患者様では胃潰瘍のリスクが数十倍となります。

 

   内視鏡検査を医師から薦められた時、「つらそうだから」、「自分は大丈夫だろう」、「自覚症状がな

 いから」と、検査を避けてしまう人を少しでも減らしたいと考えています。

 それが、がんの早期発見や早期治療につながります。

 

◆粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察を可能とし、がんなどの病変部の視認性向上を実現した、レーザー光線搭載の新世代内視鏡システム導入致しました。(H29.1.24導入)

◆希望患者様には鎮静剤の使用で苦痛なく検査が可能です。

 

外来 : 消化器内科(月・水・土曜日)  外科(月曜日~土曜日)

担当医 : 平野 大樹(ひらの だいき)

      日本内科学会     認定医

      日本消化器内視鏡学会 専門医

      日本消化器病学会   専門医

 

日々忙しく過ごしている皆さまも、胃腸が弱って元気がしぼみがちな皆さまも、

年に一度の検診で、安心できる毎日を過ごしましょう。

ぜひ、お気軽にご相談ください。